他のスポーツ選手と同じように、食生活は全体のパフォーマンスに著しい影響を与えます。皆さんがゲームで最大限の力を発揮できるように、eスポーツ選手にとっていかに栄養摂取が重要かをご紹介します。身体と頭脳のパフォーマンスはどちらもeスポーツにとって重要ですが、栄養がその2つを助けることが証明されています。その2つの要素は知性、注意力、反射神経に分けることができますが、ゲームにはそのすべてが重要です。その非常に重要なパフォーマンスの特性に、5つの要因が影響します。食事、食事の時間、食事の量、血糖値、水分補給です。

人工化学物質を含んだ加工食品は、体と脳が必要とする栄養を与えてはくれません。高脂肪、ナトリウム、糖分を多量に含んだ食品も最小限に抑えるべきです。ベリー類、野菜類、健康的な炭水化物、乳製品、肉は、食品の中でも優先的に摂取すべきです。これらの食品は、疲労感を覚えることなく、長時間、体の機能をハイレベルに維持するエネルギーを与えてくれる基本的な栄養分を体内に届けてくれ、反射神経を鋭敏に保ちます。

正しい食事を摂ることに加え、食事の時間について考えることもとても大事です。競技の直前に大量の昼食を摂ろうとするのはよいことではなく、競技の23時間前にしっかりとした昼食を摂るのがベストです。お腹がすいたらリンゴやバナナのような栄養価の高い食べ物を軽食として摂って下さい。こうすることで、プレイ中に不快感なく一定のエネルギー水準を保つことができます。食べることでもたらされる不快感は、最も注意力が必要な瞬間にその注意力を奪います。

毎日摂取する食べ物の量が第3の要素です。最適な結果をもたらすためには、カロリーの60%を炭水化物、1015%をタンパク質、2525%を脂肪として摂取すべきです。この割合によって、必要な栄養を正確な分量で体に取り込むことができます。

食生活が悪いと、体と脳のパフォーマンスに悪影響が出るばかりでなく、糖尿病や肥満などに結びつく可能性があります。血圧を正常に保ち、必要とする力を一定に保つことのできる食事が何であるかを推察するために、グライセミック・インデックス(GI)が役立ちます。

GIは、それぞれの食べ物が血糖値にどのように影響するかを示す指標です。 高純度果糖(スイーツなど)は高GIですが、リンゴは低GIなので、血糖値を安定させます。高GIの食品は朝一番か、エクササイズの後に摂取するのが最適です。他の時間は、より馴染みのある低GI食を摂るべきです。特に大きな試合の前では低GI食が重要な役割を果たします。

そして、最も重要な要素は水分補給です。バルセロナ大学の最近の調査によれば、わずか2%の脱水症状が注意力、運動機能、記憶力などのパフォーマンスを低下させます。その頭脳の機能は、どれもが最適なゲーム効率の前提です。1日を通して十分な水分補給をし、水分補給とならない炭酸飲料、牛乳、コーヒー、その他、カフェイン入り飲料は避けることをお勧めします。